赤ちゃん・幼児の鼻水鼻づまり

赤ちゃん・幼児の鼻水鼻づまり

幼児の鼻づまり

赤ちゃん(新生児)の鼻水や鼻づまりは、ほんとうに心配になりますよね。
とくに新生児期には、喉や鼻からの分泌物が多いので、鼻が詰まる事も多く、授乳が苦しそうだったり、寝苦しそうに見えたりする事もあるかもしれません。

 

発熱や咳などの症状は全くないのに、鼻水や鼻づまりが続いてしまうと、呼吸が苦しくつらいのではないかと思い、病院に行こうかどうしようかと迷ってしまいます。

 

しかし、赤ちゃんの鼻の穴はとても細く、粘膜も敏感なため、少しの乾燥や気温の変化などに反応しやすくなっていますので、分泌物や鼻水も出やすくなっていて、鼻づまりもすぐに起こるのです。

 

また、赤ちゃんは生後1ヶ月頃まではほとんど鼻呼吸だそうです。
ということは、ミルクを口で飲めているならば、鼻で呼吸がちゃんとできているということがわかります。

 

どうしたらいいのかと焦らなくても、少し様子を見ながら判断しても大丈夫でしょう。

 

赤ちゃんの鼻が詰まっていそうなときに自分でできる対処法としては、蒸しタオルなどで鼻を温めてあげると良いです。
そして、綿棒などを使って優しく固形物を取り除きましょう。
鼻の奥にある物は、無理やり取らずにくしゃみをした時やお風呂上りなどに取る方が良いかもしれません。

 

また、部屋が乾燥していると鼻づまりになりやすくなってしまうので、加湿器を使ってみてもいいでしょう。

 

様子を見ていても、症状の変化もなくそのままの状態が続いていたり、発熱や咳などが出てきた時などは、小児科の受診をしてみましょう。

 

幼児期も、鼻水を垂らしていることが多いと思うかもしれません。
幼児の頃は、まだまだ病原菌への抵抗力が不十分なので、上手く調整することができないのです。

 

幼児期の鼻づまりにも、蒸しタオルや綿棒は効果的です。
鼻の下が赤い時は、清潔にしてから軟膏など薄く塗ってみましょう。

 

もし耳の痛みや発熱、耳鳴り、難聴などがあると、中耳炎の疑いがあります。

 

耳の内側にある鼓膜に鼻と耳をつなぐ耳官があります。
いつもは閉じている所なのですが。くしゃみや咳、物を飲み込む時などに開くのです。
幼児は、大人比べこの耳官が太く短いために、鼻水が入ってきやすく、中耳炎となってしまうのです。
一度掛かると、繰り返してしまうこともありますので、注意をしてください。